テレクラ・ツーショットダイヤルでナンパ

テレフォンセックスでヌクだけってのもありだと思う

テレクラ・ツーショットダイヤルについて

 テレクラと言うともの凄く昭和の香りが漂う。たしかに、以前に比べて利用者数が減っているのは事実であろう。しかし、根強く利用している人がいるのも事実。ヘヴィメタやハードロックが廃れないのと同じように、テレクラも生き続けているのだ。

 現代ではテレクラというよりツーショットダイヤルの方が一般的である。ま、二つとも同じようなものであるが。これらはエロ本・レディースコミックなどに広告を出し、集客している。エロ本でエロい気分が盛り上がり、そこに書いてあった電話番号に思わずかけてしますという寸法だ。電話は誰でも気軽にかけられるので、最初は緊張するだろうがすぐに慣れるだろう。以前の私がそうであったように。

交渉術が問われるテレクラ・ツーショットダイヤル

 テレクラ・ツーショットダイヤルで武器になるのは交渉術・トークしかないのだ。君がどんなにイケメンでも、どんなに良い体をしていても、それを相手は見ることは出来ない。言葉巧みに伝えていくしかないのだ。逆に言えば、君がどんなにブサイクでも、どんなにだらしない体をしていても、それを相手は見ることは出来ないということだ。トーク次第で女性を手に入れることが可能なのだ。そこがテレクラ・ツーショットダイヤルの醍醐味である。

 大事なのは現実世界と同じように第一印象である。ここで言う第一印象とは最初の一言といったところだ。いきなり「どんな下着つけてるの?」とか、「初体験はいつ?」などと尋ねて印象が良い訳がない。冷やかしの女性ならこの話題にのってくるかもしれないが、普通の女性ならその時点で電話を切られてしまうのがオチである。最初は自己紹介から始めよう、お互いに欲しいのは相手の情報だ。

 テレクラ・ツーショットダイヤルを利用する前に、まず確認しておきたいのは君のゴールだ。何を目的に利用するのかを整理して頂きたい。今夜の相手が欲しいのか、女の子と遊びたいのか、話し相手が欲しいのか、とりあえず抜きたいのか、それらを良く考えて利用する必要がある。そこをしっかり把握しておかないと、ただ無駄話をしてお金だけ減っていくということになりかねない。幸いツーショットダイヤルには様々なコーナーが用意されているので、自分に合ったコーナーを選んで頂きたい。

テレフォンセックスはイマジンが重要

 とりあえず抜きたいサルのような男、サル男子にはテレフォンセックスがオススメだ。電話でセックスをするのである、もちろん相手は電話機ではない。受話器の向こうの女性である。童貞の方は想像で良いので、セックスの手順を会話の中で作り上げるのだ。「まずはボタンを外して」とか、「俺の息子はギンギンだ」とか、要求や現在の自分の状態を相手に伝えるのだ。実際に相手がボタンを外しているかなどの真実は必要ない、テレフォンセックスはひたすら想像の世界に没頭するのだ。

 受話器の向こうには憧れのあの芸能人が、AV女優がいると想像する。体型ももちろん自分好み、峰不二子ばりのグラマラスボディを思うままに弄ぶ事もできる。テレフォンセックスは想像次第で最強のオナニーツールと成りえるのだ!エロ本やアダルトビデオにマンネリを感じている人は一度このテレフォンセックスを試して頂きたい。新たな興奮・快感を得られることでしょう。

©2009 ナンパSPECIAL